顔にできるシワを目立たせない|ヒアルロン酸注射でハリのある肌へ

様々なリフトアップ方法

鏡を見るウーマン

頬は顔の他の部分よりたるみが目立つ部分であり、老化を感じさせやすい場所です。そのため、整形手術によって頬のたるみを解消したいと考える人は少なくありません。頬のリフトアップ方法には、切る手術によるもの、糸により引き上げるもの、糸の刺激によりハリを取り戻させるもの、注射系のもの、レーザーによるものなどがあります。最も効果が高いのは切る手術によるものですが、侵襲性が高くリスクが大きいため近年ではよりローリスクローリターンなものを選ぶ人が増えています。自分の骨格や年齢などによっても効果の現れ方は変わってきます。そのため、どの方法がより優れているかどうかではなく、自分に向いている方法を選ぶことが最も大事です。ドクターとよく相談するとよいでしょう。

頬のたるみは多くの場合加齢により顔の脂肪が下垂してくることにより生じます。しわが深くなったように見えても、実はしわではなくたるみによりしわが深くなったように見えるだけということもよくあります。そのため、ヒアルロン酸などをしわの部分に注射してもうまくしわが解消されないこともあります。本当の原因はたるみのためです。たるみを解消するためには、脂肪を切除するか、皮膚を引き上げるかの物理的な方法が最も効果的です。レーザーや注射系は効果としてはマイルドで、物足りなく感じる人が多いといわれています。糸により引き上げる方法は、日本人のように骨格的にたるみの解消が難しい人種でも効果が出やすいため人気となっている方法です。